アイドルグループももいろクローバーZの裏側がわかる本

単独のライブ「ももクロ夏のバカ騒ぎ2014日産スタジアム大会~桃神祭~」で、2日間で12万人を動員したのがアイドルグループのももいろクローバーZ。秋元康さんがAKB48におけるキーパーソンになっているように、プロデューサーなどのいわゆる仕掛け人がアイドルにはつきものです。ですが、ももいろクローバーZにはプロデューサーに相当する人物は存在していません。でも実はファンには、チーフマネージャーの川上アキラさんが、ももいろクローバーZの仕掛け人としてよく知られています。この川上アキラさんが日経BPから初の著書「ももクロ流 5人へ伝えたこと5人から教わったこと」を出しています。観客数十人の路上ライブから数年で12万人を動員するスーパーグループへと躍進したももいろクローバーZ。彼女たちをどう育て上げていったのか。川上アキラさんがその様子をくわしく語っています。何から何まで手作りだった代々木公園での路上ライブから始まった芸能活動。その中にあったのは「ももクロの哲学」とでもいうべきものでした。川上アキラさんのものづくりやマネジメントに対する考えが、わかりやすく書かれていました。版元が日経BPということで、単なるタレント本に留まらない内容です。ほかにも、ビジネスやマネジメントの現場で活かすことができる要素がたくさん入っています。この本「ももクロ流 5人へ伝えたこと5人から教わったこと」は、ももいろクローバーZのファンはもちろんのこと、ももいろクローバーZの躍進の裏側を知りたい方、クリエイティブな仕事を心がけたい方、面白いコンテンツを作っていきたい方、部下を成長させたい方などにも役立つ一冊と言えるでしょう。

AKB48グループの魅力等について

近年では女性アイドルのグループは人気がありますが、この中でAKB48グループについては言うまでもなくアイドルの中心的な位置にいます。

毎年のように沢山のアイドルがデビューをしていますが、ここ数年間人気を維持している所からみても、多くの人々にとって魅力的な存在になっています。人気のあるメンバーが卒業をしたりと、中心的な存在は結成の当初からはかなり入れ替わっていることも特徴です。

このAKB48グループの魅力として考えられるのは、大人数を抱えていることから見る側からは飽きることなく、色々な話題を提供することができるという面があり、プロデュースをしている側が上手いと感じます。

また話題性のあるイベントを毎年行っているので、メディアにも大きく取り上げられ飽きさせることがないです。近年の人気のあるアイドルはソロで活動をするより、グループで活動することを重視している傾向があります。

グループ内の競争の原理がうまく働いていて、応援をしたくなる所にも魅力があるのかもしれません。曲の完成度や歌の上手さのみではアイドルの魅力が伝わらないようになっていて、ユニークさやフリートークが優れている等の多彩な能力が今のアイドルには求められています。

このAKB48グループには様々な個性のあるアイドル達が集まっていて、応援したくなったり共感を持つ方々が大勢いる事でこの人気が長続きしています。幅広いファン層があることも、この人気の理由の一つになります。

ジャニーズショップに関する情報は、『ジャニーズショップ.com』を参照してください。

このページの先頭へ